よもやま話

10思ったら5言って3くらいやる

更新日:

モン太の戦術

おはようございます、モン太です。

突然ですが世の中には起業家、サラリーマン、公務員、パンクロッカー、テロリスト、いろんな人がいます。
どんな境遇の人でもささやかながらなにか実現させたいと思っていることがあると思います。
そんな人のためにモン太なりの実現方法を伝授させていただきたいと思います。

毎度のことホントたいした話じゃないんで、話半分に聞いてってくださいね。

 

10対5対3戦術

それは、
10くらい考えて、
5くらい公言して、
3くらい行動すれば、
1くらい実現するだろう、
という考え方です。

「ショボッ」って思ったみなさん、正解です。

でもね、こんなもんですよ実際。

この考え方のいいところは、なんせ楽。
しんどいの嫌いなモン太なんで、これくらいが負担にならなくて丁度いいんです。

 

もうちょっと根拠ありまっせ

なにも適当にこんなこと言ってる訳ではありません。
ふざけてもいません。
至って真面目に書いてます。

 

10考える

10って数字はまぁ基準値なんでいいとして。
「もっといろいろ考えてるよ」って方は100でも1000でもいいです。

まぁ、アイデアひねり出すのはタダなんでいっぱい考えましょう。

 

5公言する

10も公言しちゃうとただの思いつきで喋っている人。
不言実行って言葉もあるけどなに考えてるのかわからん人もこれはこれで損です。

ってことで5くらい公言します。

「ちょっと大きく出すぎちゃいますか?」って思ったアナタ、大丈夫です。
誰も他人の話なんか覚えてません。

それにこれくらい言うことで引っ込みがつかない状況を作るのです。

 

3行動する

実はね、ブログ書いてる最中にここの数字「2」から「3」に変えちゃいました。
3くらい行動するつもりでいると実際はだいたい2くらい行動できるかなっ思って。

3くらいなら軽い気持ちでまあやってみよっかなって思うんです。

行動ってね、量が云々ってことよりやり始めることが一番大事ですから。
軽い気持ちでも初めの1歩目が出せれば意外といいトコロまで行けますんで。

モン太も軽い気持ちで簿記勉強してみようと思ったら税理士になってました。
これホンマ。

 

1くらい実現する

これはね、必ずしも結果が付いてくるとは限らないよってことです。
過度に期待しちゃあいけません。

でも1実現させることは大事です。
やっても意味ないことはやっても意味ないですからね。

時には諦めも肝心です。
実現可能性が0になったらもういちど10考えるところから始めましょう。
そんなときのためにも1くらいなら捨ててもいいやって思えますしね。

そんで2も結果がでれば儲けもん。

1が満足できない数字ならはじめに100考えりゃええですやんかいさ。

 

まとめ

いやね、何が言いたいってね。
軽い気持ちでもなんでもええからさっさと行動しろよって言いたいんです。

「結果が出なかったら」とか「向いてない」とかそんなん言う前にやってみろよって思うことがいっぱいあります。
世の中腰の重いヤツ多いです。

もちろん自分にも思うときがあります。

 

そんなモン太が実践する10対5対3戦術。
別名「気負わずにやってみりゃええやん」戦術。

今日はかなり訳の分からない話ですいません。

思い付きでここまで書いたモン太でした。

-よもやま話

Copyright© モン太の犬小屋 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.